会社規定・規則の書き方~Wordテンプレート(ひな形)の無料ダウンロード~

  1. トップページ
  2. 人事・労務
  3. 中途採用面接規程

中途採用面接規程

中途採用面接規程のテキスト

       中途採用面接規程

(総則)
第1条 この規程は、中途採用者の採用について定める。
(遵守義務)
第2条 中途採用者の採用面接に当たる者は、この規定を順守して面接を行わなければならない。
(面接の評価項目)
第3条 面接の評価項目は、別表1のとおりとする。
(面接者の心得)
第4条 面接者は、次のことに十分留意しなければならない。
(1)「応募者に会社を評価されている」という意識を持って、誠実に面接に臨むこと
(2)あらかじめ履歴書および職務経歴書に眼を通しておくこと
(3)評価項目をよく理解しておくこと
(4)応募者の学歴、性別および容姿にとらわれず、公正に評価をすること
(標準質問事項)
第5条 応募者に対する質問事項は、別表2のとおりとする。
(質問禁止事項)
第6条 次に掲げることは、差別につながるおそれがあるため、質問してはならない。
(1)本籍・出生地
(2)家族に関すること(職業、続柄・健康・地位・学歴・収入・資産など)
(3)住宅状況(間取り、部屋数・住宅の種類・近郊の施設など)
(4)生活環境・家庭環境
(5)宗教に関すること
(6)支持政党
(7)人生観、生活信条
(8)尊敬する人物
(面接時の留意事項)
第7条 面接時には、次の事項に努めるものとする。
(1)相手の顔を見て、明るくはっきりした声で話をすること
(2)適当にうなづいたり、相槌を打つこと
(3)自分が話しすぎないようにすること
(4)自分の個人的意見や価値観は述べないようにすること
(面接時の禁止事項)
第8条 面接時には、次のことをしてはならない。
(1)携帯電話を掛けたり、中座したりすること
(2)応募者に乱暴な口を利いたり、横柄な態度を取ること
(面接の場所)
第9条 面接は、会議室で行う。
(面接の所要時間)
第10条 所要時間は、被面接者一人につきおよそ20~30分とする。
(評価・報告)
第11条 面接を終えた時は、直ちに応募者の採否評価を行い、その結果を人事部長に報告しなければならない。
2 採否評価は、次の4区分で行う。
(1)採用すべきである
(2)採用したほうがよい
(3)採用しないほうがよい
(4)採用すべきでない
(実施期日)
 この規程は、平成○年○月○日から実施する。
別表1 面接の評価項目
1 態度 ・落ち着きがあるか
2 礼儀 ・挨拶がきちんとできるか
・礼儀ただしいか
3 誠実さ ・人間的な誠実さが感じられるか
・人柄が信頼できるか
・態度や発言に真面目さ、素直さがあるか
4 熱意・意欲 ・仕事に対する熱意・意欲があるか
・仕事において能力を発揮しようとする姿勢が感じられるか
・これまで仕事に積極的・意欲的に取り組んできたか
5 実行力・行動力 ・自ら進んで行動する姿勢があるか
・新しいことに前向きに取り組む姿勢や意欲があるか
・現状に満足することなく、改善・変革しようとする意思があるか
6 責任感 ・自分の意見や行動に責任を持つ姿勢があるか 
・責任を果たそうとする強い姿勢が感じられるか 
・失敗を他人の責任にする姿勢がないか
7 協調性 ・他人と仲良くやっていけそうか
・他人の意見を尊重する姿勢があるか 
・自分の意見に必要以上に強くこだわることはないか
・マイペースなところはないか
8 知識・技術・技能 ・募集職務の遂行に必要な知識、技術または技能を習得しているか
・募集職務において一定の経験を有しているか
・前の会社で一定の実績を収めているか
・募集職務に関連した資格・免許を所有しているか
9 健康 ・健康か
・健康に自信があるか
・ストレス耐性があるか
別表2 質問項目
1 日常生活に関すること ①長所、短所
②趣味、スポーツ
③よく見るテレビ番組・よく読む新聞の欄
④休日の過ごし方
⑥健康の自信、健康法
⑥気分転換の方法
⑦その他
2 前の会社・退職に関すること ①前の会社に入社した理由
②前の会社を退社した理由
③退職に当たって悩んだこと
④退職についての慰留の程度
⑤前の会社での仕事の実績
⑥前の会社の良いところ・良くないことろ
⑦前の会社での年収
⑧その他
3 会社・仕事に関すること ①当社を志望する理由
②当社のイメージ、印象
③当社に貢献できる自身の有無とその理由
④○○(募集職種)という職務を進めていく上で大切なこと
⑤休日出勤や残業につての考え
⑥会社が属する業界の将来性・成長性についての見方
⑦自己啓発の方法
⑧採用された場合、いつから入社できるか
⑨その他


↑ PAGE TOP