会社規定・規則の書き方~Wordテンプレート(ひな形)の無料ダウンロード~

  1. トップページ
  2. 人事・労務
  3. 裁判員休暇等運用規定

裁判員休暇等運用規定

裁判員休暇等運用規定のテキスト

       裁判員休暇等運用規程

(目  的)
第1条 この規程は、就業規則第○条に基づき、「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律」(以下この規程において「裁判員法」という。)の趣旨に則り、裁判員休暇とこれに関連する手続き等について定める。
(適用範囲)
第2条 この規程は当社の役員ならびにすべての従業員に適用する。
 ただし、日日雇い入れられる者、2か月以内の期間を定めて使用される者は除く。
(事務の所管)
第 3 条 この規程の所管は総務部とし、事務取扱の責任者は総務部長とする。
2 裁判員法およびこれに関する政令等の改正があった場合または本制度の運用に有益な情報を得た場合には、総務部長はすみやかにこれを開示し周知の措置をとるものとする。
(適時の報告)
第4条 裁判員制度に関し、裁判所から以下の各通知・呼出し(以下「通知等」という。)があった場合、該当者は通知等を受けた日または決定のあった時から指定期間以内にその旨を「裁判員休暇等報告書」により、総務部長宛所要事項を報告し、または休暇を申請するものとする。
⑴ 裁判員候補者名簿に記載された旨の通知を受けたとき 1週間以内
⑵ 裁判員および補充裁判員選任手続のための呼出しを受けたとき(追加呼出しの場合を含む) 1週間以内
⑶ 前号の呼出しの取消しの通知を受けたとき その時
⑷ 不選任の決定がなされたとき その時
⑸ 裁判員法に定める理由で裁判員辞退が認められたとき その時
⑹ 裁判員または補充裁判員に選任されたとき 5日以内
 2 前項第6号の場合には、公判期日も併せ報告するものとする。
 3 裁判員または補充裁判員を解任された場合は、第1項に準じ総務部長宛に報告するものとする。
(辞退理由証明への協力)
第5条 会社は従業員等会社に所属する者が、裁判員となることを辞退するために、裁判員法第16条第8項の事項について証明を求めた場合には、真正な事実を記載する文書の作成や、第三者の発行する文書交付等について協力するものとする。
(休暇中の賃金等)
第6条 裁判所の呼出しに応じて裁判員または補充裁判員の選任手続に出頭した場合で、適正な休暇手続がとられている場合には、その日について通常の賃金を支払うものとする。ただし、旅費、日当ならびに宿泊を要する場合の宿泊費は支給しない。
2 裁判員または補充裁判員に選任され、その職務を行うこととなった日または期間についても、前項と同様とする。
(職務執行等に関わる災害補償)
第 7 条 裁判員または補充裁判員の職務執行のために、自宅と裁判所を往復する途上または裁判所構内において、交通事故その他により身体に災害を被った場合は、法の定めに従って補償に必要な手続きにつき必要な援助を行う。
2 裁判員または補充裁判員として公判に携わったこと自体に起因する心因性障害等についても、必要な措置をとるための支援を行う。
(法令の遵守)
第8条 会社は所属員の身分を問わず、裁判員の職務を行うために本規程による休暇を取得したことその他裁判員、補充裁判員、選任予定裁判員もしくは裁判員候補者であることまたはこれらの者であったこと等を理由に、解雇その他の不利益な取扱いをしない。
2 裁判員、補充裁判員、選任予定裁判員もしくは裁判員候補者であること、または過去においてあったこと等につきそれらを特定する氏名、住所その他の個人情報については本人がこれを公にすることに同意している場合を除き、何人も公にしてはならない。
3 本規程の手続き等を通じて、前項の該当者が個人情報の開示に同意した場合であっても、所管部門は情報の取扱いに特段の注意を払わなければならない。

平成○○年○○月○○日制定施行

 
秘
      裁判員関係届
総務部長殿

1.私は○○地方裁判所から平成○年の裁判員候補者予定者名簿に
 記載された旨通知を受けましたので、報告します。   
平成○年○月○日
所属
氏名           ○印 
総務部長   
                   総務部で記録後本人に戻し、本年限り本人保管
                                 下記2.の場合期日記載のうえ総務部へ提出
2.私は裁判員候補者として呼出状を受け平成○年○月○日、裁判所(○○支部)へ出頭しますので、裁判員休暇を申請します。
                   平成○年○月○日
所属
氏名           ○印
総務部長   
総務部で記録後本人に戻し、本人保管;呼出取り消し及び不選任の場合は、総務部へ提出
3.私は裁判員・補充裁判員に選任されましたので、下記公判期日に裁判所へ出頭するため、裁判員休暇を申請します。
   なお、期日途中で解任された場合は、口頭で報告します。
期日:平成○年○月○日~平成○年○月○日
                    平成○年○月○日
所属
氏名           ○印
総務部長   


↑ PAGE TOP