会社規定・規則の書き方~Wordテンプレート(ひな形)の無料ダウンロード~

  1. トップページ
  2. 人事・労務
  3. 資格取得支援制度規程②(中小会社・サービス業)

資格取得支援制度規程②(中小会社・サービス業)

資格取得支援制度規程②(中小会社・サービス業)のテキスト

       資格取得支援制度規程

(総 則)
第1条 この規程は、資格取得支援制度の取扱いについて定める。
(目 的)
第2条 資格取得支援制度は、社員の業務遂行能力向上および自己啓発を促進し、業務効率の向上を図ることを目的として実施する。
(定 義)
第3条 この規程において「資格取得支援制度」とは、会社が奨励する資格および免許を社員が取得した場合に経済面で支援する制度をいう。
(適用対象)
第4条 この規程は、就業規則第○条に定める正社員に適用する。ただし、勤続年数1年未満の者を除く。
2 前項の規定にかかわらず、業務遂行上必要となる資格について、会社がその取得を特に指示した者についてはこの限りではない。
(対象資格および支援内容)
第5条 資格取得支援制度の対象となる資格(以下「対象資格」という。)および支援内容は次のとおりとする。

〔情報処理系〕
対象資格 受験料 受験に要する交通費 講習等の受講料・教材費
初級アドミニストレータ 全 額 全 額 半 額
上級アドミニストレータ 全 額 全 額 全 額
システム監査技術者 全 額 全 額 全 額
データベース検索技術者 全 額 全 額 半 額
テクニカルエンジニア
(ネットワーク) 全 額 全 額 全 額
テクニカルエンジニア
(データベース) 全 額 全 額 全 額
テクニカルエンジニア
(エンベデッドシステム) 全 額 全 額 全 額
情報セキュリティアドミニストレータ 全 額 全 額 半 額
CG検定 全 額 全 額 半 額
※講習等の受講料・教材費については会社が承認したものとし、上限を○万円とする。
〔その他〕
対象資格 受験料 受験に要する交通費 講習等の受講料・教材費
TOEIC 全 額 全 額 半 額
実用英語技能検定
(2級以上) 全 額 全 額 半 額
工業英語検定(2級以上) 全 額 全 額 半 額
社会保険労務士 全 額 全 額 半 額
中小企業診断士 全 額 全 額 半 額
行政書士 全 額 全 額 半 額
消費生活アドバイザー 全 額 全 額 半 額
秘書技能検定(2級以上) 全 額 全 額 半 額
衛生管理者 全 額 全 額 半 額

(減 額)
第6条 前条の規定にかかわらず、教育訓練給付金制度を利用し、または会社以外の機関から支援・助成を受けたときは、その金額を差し引いて支給する。
(支援対象期間)
第7条 支援対象期間は1つの資格につき1年間とする。
(勤怠の取扱い)
第8条 対象資格の試験日または会社が承認した講習等が所定勤務日と重なる場合は出張扱いとする。
(制 限)
第9条 この規程に基づく支援は、1つの対象資格につき1回とし、支援対象期間終了後、再び当該対象資格について支援を受けることはできない。
2 この規程に基づく支援は、1回につき対象資格1つとし、2つ以上の対象資格について対象期間を重複して支援を受けることはできない。
(報奨金)
第10条 対象資格取得に係る報奨金の取扱いについては、別に定める。
(資格手当)
第11条 対象資格取得に係る資格手当の取扱いについては、別に定める。
(手 続)
第12条 この規程による支援を受けようとする者は、当該資格試験合格後1カ月以内に、所定の様式に次の書類を添付して人事部に提出しなければならない。
 (1)資格取得を証するものの写し
 (2)受験料の領収書または払込通知書の写
 (3)講習等の受講料、教材費の領収書または払込通知書の写

付  則

(実施期日)
 この規程は、平成○年○月○日から実施する。

↑ PAGE TOP